【飼育小屋少女】達磨さん転んだ×チンジャオ娘のエロ漫画

達磨さん転んだ×チンジャオ娘のエロ漫画「飼育小屋少女」のあらすじや感想を掲載。「達磨さん転んだ」さんは、相変わらず独特の塗りで、それでいて可愛らしく、良い仕事するぽん。
MENU

【飼育小屋少女】達磨さん転んだ×チンジャオ娘のエロ漫画

達磨さん転んだ×チンジャオ娘の「飼育小屋少女」というエロ漫画を読みました。

 

「達磨さん転んだ」のエロ漫画は前にも見たことあって、独特な塗りで可愛らしく、忘れられない絵柄だったので、飼育小屋少女もとりあえず1話・・・と思い、ハンディコミックで課金しました。

 

そしたら続きが気になって、結局全話(5話)に課金してしまいましたwいやぁ〜絵柄だけじゃなく、話の組み方も上手いですわ。こりゃ1話を読んだら、結末が気になっちゃう。

 

無料立ち読みなどで絵柄に惹かれたなら、読んで「当たり」な漫画だと思いますよ。イラストもストーリーもGooです。

 

飼育小屋少女
▼無料立ち読みや購入はこちら▼
飼育小屋少女

飼育小屋少女のあらすじ

舞台となるのは、とある地方の学校。そこは都会でも田舎でもなく、ごく普通の学校だった。・・・とある1点を除けば。

 

その学校の飼育小屋では、一人の裸の少女を飼っていた。その少女は獣耳や尻尾が生えてるわけでもなく、どこからどう見ても只の人間。

 

外部の者がその存在を知ったら、イジメや虐待だと思うだろう。事実、この春から赴任してきた男性教員も、飼育小屋の少女を初めて見た時は、激しく動揺していた。

 

「ミミ」と名付けられたその少女は、この地方によくいる動物だという。

 

いくら動物とは言え、人間と同じ見た目の少女を飼育小屋で飼うなんて、外部の者から見たら異様な光景でしかない。

 

しかし、この地方では当たり前のこと過ぎて、警察もまったく問題視していない。

 

新任の男性教員は飼育小屋の担当を言い渡され、少しずつミミを理解していき、少しずつミミに惹かれていく。

 

そして、夜間に飼育小屋に侵入し、ミミと逢瀬を交わすようになる。

 

「こんな事がバレたら俺は終わりだな・・・。」

飼育小屋少女の登場人物

新任の男性教員
主人公なのに名前なしという可哀想な男。この春から、ミミのいる学校に赴任してくる。
最初は飼育小屋で飼われるミミを見て「非道徳的だ」と思っていたが、周りの人間があまりに自然に接しているので、段々と「そういうものなんだ」と受け入れるようになる。
赴任早々ミミに懐かれ、その事がキッカケで飼育小屋担当に任命される。ミミとオスが交尾するのを見て、性的興奮を抑えられなくなる。

 

ミミ
飼育小屋で裸で飼われている少女。人間と同じ見た目をしているが、人間と同じ言葉は話せない。
同じ小屋で飼われているオス二匹によく犯されている。

飼育小屋少女の感想(ネタバレあり)

冒頭にも書いた通り、最初は「とりあえず1話だけ」と思って、読み始めたんです。

 

だけど、1話を読んだら「ミミは本当に動物なのか?実は人間なんじゃないか?」って気になっちゃって、最後まで読んじゃいました(〃∇〃)

 

結局オチではボカされた感もありますが、ま〜やっぱりミミは人間だったんでしょうな。人間の言葉が話せないのも、ただ教育を受けていないというだけで。

 

もうネタバレを自重せずに言うと、新任の男性教員はミミといたしていることがバレて、飼育小屋のペットの一員にされちゃうんですけど・・・

 

見つかったときの女教員の目が恐いのなんのって、読んでてゾクッしましたよ。まるでホラーを読んでるようでした(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

・・・あ、エロ漫画の感想なのに、エロ方面に全然触れていませんねw

 

ストーリーだけでなく、エロも良かったですよ。特に私は最近ちっぱいにハマってるので、ミミちゃんはジャストミートでした♪
(飼育小屋少女とは関係ないけど、ちっぱいのマイクロビキニとかすっげー好きっす。)

 

「達磨さん転んだ」の絵は危険な匂いがプンプンするので、何だか「見てはいけない物を見ている」というような背徳感も交わり、ごっつ興奮できます。

 

事実、飼育小屋少女を読んでいる最中、私はつねにオッキしてましたからね。(キリリッ)

 

私としては太鼓判を押したい漫画ですが、とりあえず無料立ち読みして、無料立ち読みでピンと来たら1話目を買って、1話目でピンと来たら全話買うと良いと思います。←私の歩んできた道です(ノ∀`)

 

飼育小屋少女
▼無料立ち読みや購入はこちら▼
飼育小屋少女

このページの先頭へ